女の人

めざせ合格!難易度が高い行政書士の資格取得も夢じゃない

主婦が幼稚園の先生になる

女の人

小中学校の女生徒のアンケートで、将来なりたい職業で多いのが幼稚園教諭です。幼稚園教諭になるには大学や短大を卒業する必要があります。子育てを終わった主婦でも通信制の大学を利用すれば免許を取得できます。幼稚園教諭になりたい人は基本的に子どもが好きです。子どもの成長に関われる喜びが得られる仕事です。

もっと見る

安心して働くことができる

男女

将来は人とかかわる仕事がしたいのであれば、保育士になるとよいです。大学で学んで資格を取得することをお勧めします。実際に子供と触れ合いながら学ぶことができる大学に進学すると、社会人になっても安心して働くことができます。

もっと見る

学ぶとビジネスに役立つ

勉強

マネジメント資格は民間資格ですが、学んでおくことでビジネスシーンに役立ち、通常業務や転職に役立ちます。資格を取得する前に通信講座を受けたい場合には、受けた人の意見を参考に、実践的で参考になる企業の口座を学びましょう。

もっと見る

誰でも受けられます

男性

その難易度は高し

行政書士という資格は、大学や大学院に通って卒業しなければいけないというわけではなく、受験資格がないので誰でも試験に挑むことができます。もちろん未成年でも可能で、高校生でも取得することができます。ですが受験資格がなく誰でも受けることができるからといって簡単に合格できるものではありません。毎年の合格率は2パーセントから8パーセントと低く、一桁です。行政書士の受験内容は、行政法だけでなく、憲法、民法、刑法などさまざまな法学に関する内容が出てくるため、行政法だけでなくそのほかのことも十分に知識を持っていなければなりません。試験はマークシートがほとんどですが、記述式もあり、行政書士の受験内容を覚えるだけでなく、自分の言葉で説明できる技術も必要となります。

未成年の場合

しっかりと勉強をして行政書士の試験に挑み、見事合格することができれば、あとは登録をすることで行政書士として活動することができるようになります。しかしここで注意が必要となるのが、行政書士の資格を取るには受験資格がないため、誰でも受けることができますが、未成年は取得できても行政書士として活動することはまだできません。できるのは資格を取ることだけなのです。未成年の場合は成人の年齢に達するまで待たなければならず、成人を迎えてやっと行政書士として活動することができるようになるのです。なかなか未成年で資格取得に合格することは難しいことですが、取得できれば誰もがうらやむ国家資格を持つことができるようになります。